我々について

1995年の商船法は、どの船が英国であり、したがって英国の旗を掲げる資格があるかを規定しています。未登録の小型船(長さ24メートル未満)は、資格のある所有者(つまり、英国のボートを登録する資格のある個人または企業)が所有している場合、英国の旗を掲げることができます。

ただし、英国の船が英国の領海を離れて公海の自由を行使したい場合は、英国の旗を掲げる権利を実証することをあらゆる国の軍艦から要求される可能性があります。ボートが登録され、適切な証明書を搭乗する必要があること。

ボートの登録は通常、所有者の国籍または居住者の居住国のいずれかから行われ、ボートが登録されると、彼女は旗国の浮動部分になるため、トレーニングに関する国の要件に準拠する必要があります。安全装置など。英国では、私たちのプレジャーボートに関する強制訓練や最低限の安全要件はありません。ただし、未登録の船が海外に行き、地元の税関がその船が登録されていないことに気付いた場合、船主は罰金を科されるか、または十分な期間国内にいる場合、船の管轄下にあると推定されることがあります。したがって、その国と所有者は、関連するすべてのトレーニング試験を現地語で受験し、現地の安全基準に従ってボートを装着する必要があります。

英国の登録:

British Shippingのレジスターは4つの部分に分かれています。

  • パートIは、16世紀に始まった英国船の伝統的な登録です。 19世紀の終わりまでに、英国の110の重要な港にはそれぞれ独自の登録がありました。 1986年までに、レジスターの管理は17の地域センターに引き渡され、1994年までに全業務がカーディフの船積みのレジストラ将軍のオフィスに集中しました。
  • パートIIは漁船の登録です
  • パートIIIは、1983年に商船法に基づいて設立された、海外への船の登録を安価で簡単な方法で行うという要求に応えるために設立された小型船登録(SSR)です。 SSRは1983年から1991年まではRYAによって管理され、1991年から1996年まではスウォンジーのDVLAによって管理され、1996年以降はカーディフのレジストラジェネラルによって管理されていました。
  • パートIVは1993年の商船法により作成され、英国企業が裸船チャーターとして使用する外国所有船を英国で登録し、チャーター期間中は英国の旗を掲げることができます。

イギリスのプレジャーボートは、パートIまたはパートIII(SSR)のいずれかに登録できます。ボートは、英国の登録簿にあるか、外国の登録簿にあるかに関わらず、一度に1つの登録簿にしか入れることができません。

パートIとパートIII(SSR)の違いは何ですか?2つのレジスターの主な違いは、資格要件と登録に必要な証明です。レジスターのパートIは、タイトルレジスターと所有権の証明であり、ボートの住宅ローンの詳細を記録することもできますが、SSRは、ボートが海外へ行くためのパスポートです。

パートI登録の資格は、次のいずれかが所有する船舶に限定されます。

  • (a)英国で設立された英国市民またはEU国家の国民。 (*設立-EEC条約の第52条に基づいて設立されるには、英国に住むことも、従業員であることも十分ではありません。自営業を含む。
  • (b)任意のEU州に法人組織の法人。
  • (c)関連する英国の所有物に組み込まれ、英国またはそのような所有物に主たる事業所がある法人。
  • (d)英国の従属領土の市民、英国の海外市民および英国国民(海外)。

さらに、船の過半数の持分が有資格者によって所有されている場合、無資格者は登録船の所有者の1人である可能性があります。所有者または複数の所有者が英国に居住していない場合、ボートは、英国に居住または法人化された代表者または会社が任命された場合にのみ登録できます。

ボートがパートI登録にある場合の主な利点は、ボートの販売が容易になることです。バイヤーの2つの主な懸念は、「売り手がボートを所有するか」です。そして「ボートは海上住宅ローンの対象ですか?」これら2つの重要なポイントは、ボートがパートI登録にあるかどうかを確認するのがかなり簡単です。適切な料金の小切手をレジストリに送信し、ボートの記録を要求するだけです。ボートの価値が高い場合は、パートIへの登録を検討する価値があります。それは、タイトルまたは抵当の証拠なしに、かなりの金額を手放すように、バイヤーに代わって大きな飛躍の信仰を求めています!

Source Royal Yachting Association 2016


  • Visa
  • Mastercard
  • American Express
  • PayPal